club dragons

立浪和義選手がいた、中日ドラゴンズを応援するために立ち上げました!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立浪くん、現役引退正式表明。

わかっていましたが・・・・。
正式表明と聞くと、ウルウルってしちゃいます。
中日の立浪和義内野手(40)が30日、ナゴヤドームで巨人戦前に記者会見し、今季限りでの現役引退を正式に表明した。立浪は「理想は打って、走って、守ること。守ること、走ることが衰えてきたので、そろそろ潮時と思った」と話した。
プロ22年目の今季は代打の切り札としてここまで打率3割5厘の好成績を残しているが「とにかく、ことし1年頑張ろうとやってきた。結果が良くても悪くても(決意は)変わらない」と説明。進出が決まっているクライマックスシリーズ(CS)には出場する。引退後の進路は未定。
(共同通信より)

走ることに関して、やっぱね・・・・。
そして、守りは、立浪くんの生命線だったし・・・・。

糸を引くようなライナー性の打球は、まさに打撃職人の技だ。球を確実にとらえ、広角に打ち分ける巧みなバットコントロールで安打を量産してきた立浪。中日一筋22年、ミスタードラゴンズとしてファンに愛された背番号「3」が今季限りで現役生活に幕を下ろす。
大阪・PL学園時代は主将として甲子園春夏連覇。高校ナンバーワン内野手として1988年にドラフト1位で入団した。身長173センチと体格には恵まれていないが、たぐいまれな野球センスを存分に生かした。
高卒1年目で大洋(現横浜)との開幕戦に先発出場。当時大洋で開幕投手を務めた欠端光則氏(現横浜広報)は「攻走守三拍子そろっていた。体の小さい割にはしっかりバットを振って長打力もある。あまり穴がない感じだった」と振り返る。開幕戦の六回に放ったプロ初安打は右翼線の二塁打。そこから積み重ねた安打数は歴代7位の2480本。通算487二塁打はプロ野球記録だ。
(スポーツナビより)
歴代7位の安打数といい、
そりゃ、もう記録は多いわ。
球団記録は、たくさんあるしね!

天性の才能は、たゆまぬ努力があったからこそ花開いた。真夏のナゴヤドーム。まだ練習前で照明もついていない真っ暗な中、外野フェンス沿いを一人で黙々と走り込む立浪の姿があった。近年は右肩の故障などもあって定位置を奪われたが、練習に取り組む姿勢、自分の打撃技術を惜しみもなく伝える熱心なアドバイスで、ナインから絶大な信頼を得ている。
今季も代打の切り札として活躍。「代打立浪」のアナウンスが告げられると誰よりも、大きな声援が球場に響き渡る。「振り返ればこの体でよく持ってくれた。常に負けん気だけは持ってやってきた」。クライマックスシリーズを勝ち抜き、日本シリーズへ-。最高の舞台で花道を飾れるか。
(同)

ごめんなさいね、コピーばっかで・・・・。
リンク貼ってもいいのですが、
リンク先がなくなったりするのがイヤだから。
立浪くんの記事だけは、すべて記録として、
私が残しておきたいので・・・・。
「ナインから絶大な信頼を得ている」って。。。。
こんなコトバが、何より私の涙を誘います。
最高の舞台へ、進まなきゃ。
立浪くんも、もちろん、選手です。
まだお疲れサマだなんて、言わないわ。
まだ、まだ、やらないといけないコト、
やらなきゃいけない場面、あるんだから、絶対に!

「立浪くんのために・・・・」とか、そんな表現は、
使いたくないのですが、
ボキャブラリーが少ない私は、そんなコトバにしかならないわ。
立浪くんと一緒に、日シリ、行こうよ!
にっくき巨人、倒してさ!
私は、今日久しぶりに戦闘心がわいています。
負けるわけにはいかない。やっぱし。
CSがどうたら、言ってる場合じゃない。
そんなの、私たちが決めたんじゃない。
制度としてあるんだから、
私たちは、また勝ち進まないといけないんだ。

恩師である、中村現名商大監督も見守ってくれました。
中日の立浪が引退を表明した日の試合を、かつての恩師も温かく見守った。PL学園高時代に監督として立浪を指導した名将、中村順司氏(名商大監督)だ。
「走攻守、三拍子そろっていた選手だった」と、立浪の高校時代を振り返る。プレー以上に印象に残っているのが、その人間性だという。「彼はかゆいとこまで手が届く。一つ物事を頼んでも、相手のことを思って行動する」。昨年の桑田真澄氏、清原和博氏に続いて教え子が引退することになり、「寂しいですね」と言いながらも、「よく頑張った」とたたえた。
(時事ドットコムより)

私は、甲子園は、「清原・桑田世代」でもなく、
どちらかというと、「松坂世代」で・・・・。
間の立浪くんの時代も、微妙・・・・。
ただ、オトナになって、清原や桑田、また荒木(早実)たちと比べ、
また池田高校とかっていう高校の存在も、
いろいろ知り。
とんでもない記録を、打ち立てまくった、
「清原・桑田」の後を受け、
それなりにプレッシャーもあったでしょう。
その中で、結果として、
野村、片岡、橋本、そんなナインたちと、
「清原・桑田」さえも成し遂げなかった、
「春夏連覇」をしたんです。
それには、立浪くんの人間性がないと出来なかったと思います。

立浪くん!
も1度、私もスイッチを入れなおします!
めっぱい、ドラゴンズ応援します!
どうがどうでも、CS勝ち進んで、
一緒に、日シリに行きましょう!

で、今日は、ナゴド最後ってことで、
「6番・1塁」で、先発出場!
引退表明直後の試合で、立浪が「6番・一塁」で先発出場。メンバーがアナウンスされると、今季最多の観客で埋まった本拠地球場が沸いた。地元ファンの期待に応えて二回、右前にはじき返し、四回にも中前打。さらに九回には右中間を破る適時二塁打。今度はスタンドから万歳の大合唱が起きた。
試合後のセレモニーではPL学園高で指導を受けた中村順司氏(名商大監督)、同校で2年先輩の桑田真澄氏と清原和博氏らに続き、家族から花束を渡されると、立浪は涙を浮かべた。最後に「幸せな野球人生を送れた。この体も、よくここまで持ってくれた。これで心置きなくバットを置くことができます」とあいさつ。ナインから胴上げされたベテランは、感謝の面持ちだった。
(時事ドットコムより)
私も、涙が出ます・・・・。
泣いてるよね、立浪くん・・・・・。
ナゴドラストの立浪くん。

「3安打」って・・・・。
ま、ど真ん中に投げてくれたのかしら?
それでも、やっぱし、ヒット打つのは、
そんなに簡単ではないと・・・・。
ま、こんなコト、どーでもいーか。

以下、しつこく、コピー記事。

明日以降も、立浪くん関連記事を見つけたら、
続くと思いますので!

◇負けん気でやってきた
 立浪和義内野手 振り返れば、この体(173センチ、70キロ)でよく持ってくれた。それに尽きる。自分は力のある選手ではなかったが、一つ言うなら、常に負けん気を持ってやってきた。
◇すごい記録残した
 PL学園高時代に指導した中村順司氏(名商大監督) ごくろうさまと言いたい。彼が残した記録はすごい。長嶋さんや王さんが載っているところに、立浪の名前がある。僕にとっては高校時代の立浪に変わりはないが、すごい選手になったんだな、と驚かされる。
◇あの体でよく頑張った
 中日入団時に監督だった星野仙一氏(阪神球団シニアディレクター) 甲子園でテレビが追い切れないほどシャープな動きを見せる選手がいて、はっとした。それが立浪だった。中日はドラフトで投手の指名を考えていたが、会議2日前に立浪に切り替えた。あの体でよくここまで頑張ったし、チームを引っ張ったと思う。近い将来、いい指導者になってくれることを強く望んでいる。
◇「10・8」が印象深い
 PL学園高で先輩の桑田真澄氏(元巨人) 22年間プレーしたのは素晴らしい。大きな体じゃないし、肉体的、精神的に苦労があったと思う。印象に残っているのは「10・8」(1994年に巨人の優勝が決まった10月8日)。お互いチームの主力として戦い抜いた。
◇彼らしい引き際
 PL学園高で同級生の片岡篤史氏(元阪神) 引退は寂しいが、彼らしい引き際なのでは。僕らの中ではPLのキャプテンがやめる感じ。
◇よくやった
 PL学園高で先輩の清原和博氏(元オリックス) この20年以上で、高校を卒業してすぐレギュラーを取ったのはわたしと立浪だけだろう。ここ何年間は体の痛み、そして常時試合に出られないという心の痛みに耐えてよくやったと思う。
◇球界の偉大な選手
 PL学園高で後輩の宮本慎也内野手(ヤクルト) 高校時代から目標にし、尊敬している人。第一線でやってこられて、中日だけでなくプロ野球界の偉大な選手。お疲れさまでした。
◇彼らしい引き際
 PL学園高で同級生の片岡篤史氏(元阪神) 引退は寂しいが、彼らしい引き際なのでは。僕らの中ではPLのキャプテンがやめる感じ。
◇信じられない
 中日・井端 本当にやめるのが今でも信じられない。寂しい気持ちでいっぱい。長い間お疲れさまでした。
◇もう少し一緒に
 中日・谷繁 最後に一緒に並べてよかった。(CSもあるので)もう少し一緒にできる。
◇特別な存在
 中日・岩瀬 僕らにとっては特別な存在。野球に対する姿勢とか勉強させてもらった。今度は僕らが下に伝えていかないと。
◇お疲れさまでした
 中日・井上 お疲れさまでした。いいセレモニーでした。いい兄貴分としていつまでも指導してほしい。
(時事ドットコムより)

今日は最後に言いたいです。
今シーズンは終わってないです。
「CS」モードに切り替えて、
がんばっていきましょ!

大好きです、立浪和義。

*comment

 

ドーム最後が二塁打…泣けたー(>_<)
  • posted by イチ 
  • URL 
  • 2009.10/01 09:34 
  • [edit]

RE:魅せますよね。 

v-238イチさんv-238

コメントありがとうございます!
神様って居るんだなって・・・・。
私は、今日は、ボロ泣きモードです。

お疲れ様です! 

すごく面白いブログですねっ!
これからも頑張って下さい!
  • posted by 松坂世代 
  • URL 
  • 2009.11/18 23:44 
  • [edit]

RE:レスが遅れて。 

v-238松坂世代さんv-238

コメントありがとうございます!
遅くなり大変申し訳ないです。
何とか少しずつ、復帰してきています。
よろしかったら、また遊びに来てください!

comment_form

ontheway2u read only | secret comment can be contributed now

*trackback

trackback url
http://ontheway2u.blog89.fc2.com/tb.php/949-042279ae

打って走って守って、立浪和義有終の猛打賞。

ドラゴンズのレギュラーシーズン・ナゴヤドームでの最終戦は、 今季限りでの現役引退を表明した立浪和義の「引退試合」に。 腰の痛みを考慮され、初となる『6番・一塁』で先発出場した背番号3。 試合は敗れたものの、ファンの大声援を背に 打って守って走っての大奮闘。9?...

左サイドメニュー

a profile

メールくださいね。

author:ontheway2u

立浪くんが引退し、かなり熱も冷めましたが、
すこしずつ上がってきています。
「W杯イヤー」でもありますし、他スポーツもがんがん!

ontheway2u's policy

tomo'policy

twitter ontheway2u

mr.dragons

ミスタードラゴンズは立浪くんよっ!

calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

recent entries

右サイドメニュー

my favorite

大好き!立浪くん!

t.wada official

和田くんのブログ

special links

official website

drgons official website

baseball news

dragons news

ontheway2u city

sports news

wether report

access counter


search

blogranking,net

Share |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。