club dragons

立浪和義選手がいた、中日ドラゴンズを応援するために立ち上げました!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに打順変更も打線つながりなく。

どうかんがえたって、原監督の強がりよね。
「イチローが最も慣れている打順が1番だと、私は認識している。チームにとっても、ツーウェイ(2通り)の作戦があるんだと一度示しておきたかった」(原監督のコトバ・サンスポより)
それにしては、遅すぎるわよ。
まぁしないよりはよかったでしょうケド。
そして、イチローに対して、不安視する記事がずらり。
「スポーツうるぐす」だったかな、たしか。
王前代表監督が、
「不安はないですよ、ココまで来て不安になってどうするんですか?」
見たいなコト、堀尾さんに言ってました。
そうですね。。。。もうじたばた出来ない、次の試合は本番です。
投手・捕手には収穫もあったようです。

安心できるのが城島の記事です。
接戦の中で捕手の城島健司(32=マリナーズ)は、投手陣の特徴の把握に努めた。「今日のような、競った試合はマウンドさばきを見るにはいい。収穫は多かった」と話した。東京ドームでの2試合でほぼ全投手の球を受けた。「球数制限がある中、球種が初めて変わった時に、いかにコントロールできるかが大事。それを見られたのは良かった。本番に生かしていかないと」と、実戦でしか得られないデータを蓄積できたようだ。(日刊スポーツより)
先日の被弾も、若干リードミスとの声もあった。
どう考えても、正捕手でしょうし、何かがない限りは、
本大会でマスクをかぶるコトになるであろう、城島。
本番では、投手陣のすべてを引き出すようなリードをしてもらいましょう。
アトは、投手陣はまずまず。
松坂の足がつったとかいう記事もありましたが、
これは問題ないと思います。
7日は韓国戦になるでしょう、順当なら。
そして松坂の先発はこの日になる。
もちろん7日にこんなトラブルがあるようでは困りますが、
松坂ならきっちりと調整もしてくれるでしょうし、投げてくれる投手です。

そして、イチロー・・・・。
カレもね、そりゃもう世界最高の打者なのです。
信じるしかないです。
快音は出なかった。最初の4打席はファーストストライクを見逃す“調整法”で臨んだが凡打を繰り返し、延長十回の5打席目は外角低めのスライダーを持ち前のバットコントロールでとらえながら、相手中堅手の好捕に阻まれた。2試合連続のノーヒット。11打席連続無安打の結果に「やっぱり悔しいよ、つまんないよね、結果が出ないと」と言った。
強化試合6試合が終わった。宮崎で2試合、大阪で2試合を経て、決戦の地、東京ドームで2試合を行った。「この2試合でキュッと締まった感じ。肉体的なトレーニングはすごくできてたと思うけど、精神的な状況がそうならなかったのでよかった」と収穫を口にした。ただ、自身の目安として掲げてきた状態を6、7割にすることについては「もっていけなかった」と正直に告白した。
(デイリースポーツより)
本人も調子の上がってないコトを自覚してるんでしょうね。
よく言うコトバなのでしょうが、ココまで来たら、
もう落ちようがないのよね。
本番ではもっとプレッシャーもかかるでしょうが、
それをも力に変えられるはず!
本番まであと4日。「思いっ切り力んでいく、力を抜いていくというよりは力んでいきたい」。イチローの底力に期待だ。(同)
イチローらしい表現だと思います。
期待ですね。

本番での打線については言及を避けた原監督。
当たり前だろ?言えるか、んなコト・・・・。
油断は決して出来ないですが、よほどのことがない限り中国には勝てるでしょう。
ですので、中国戦は、やっぱし昨日の原監督の心変わりのまま。
私は「ツーウェーの作戦」なんかではなく、
原監督自身の考えを変えたのだと思いますので。
その変ったまま、イチロー1番で行ってもらいたいです。
そして、今大会はそれが正しいコトとなるように感じる。

でライバル国の動向。
とりあえずは東京ラウンドでの最大のライバル、韓国。
1日に来日して、マスコミも含め、この自信。
成田空港には、韓国の報道陣だけで40人以上が集結。一般客が韓流スターの来日かと勘違いしたほど熱気があふれた。日本戦の先発が予想される「日本キラー」の左腕エース金広鉉(キム・ガンヒョン)投手(20)は「日本に勝つ自信はあります」とキッパリ。主砲の李大浩(イ・デホ)内野手(26)も「勝つ自信はあるか」の問いに、「そりゃあ、あるさ」とサラリ。投打の主軸が、闘志をのぞかせた。
韓国代表は2日に西武、3日には巨人と強化試合(ともに東京ドーム)を行う。「2試合で最高のコンディションに持っていく」と金監督。日本代表を視察した韓国スコアラー陣は「日本は大きいのを打てる打者がいない」と、ここ4試合ノーアーチの打線の弱点を指摘していた。
(日刊スポーツより)
なめられたもんだわ・・・・。悔しいですが、
もう結果でこの鼻っ面をへし折ってもらうしかないです。
今回は何が何でも、1位通過で。
前回、ルールが間違ってるとか、クソ生意気なことを言いやがった国、韓国。
これを言った選手が、巨人に今でも居るって言うのが、信じられない。
そして、マウンドに国旗まで突き刺しやがった国、韓国。
あれは政治的な問題でしょ?竹島の????
絶対に負けたくないです。

次は、本番です。
元気出して行こうぜぃっ!
がんばれ!侍JAPAN!!!!

*comment

comment_form

ontheway2u read only | secret comment can be contributed now

左サイドメニュー

a profile

メールくださいね。

author:ontheway2u

立浪くんが引退し、かなり熱も冷めましたが、
すこしずつ上がってきています。
「W杯イヤー」でもありますし、他スポーツもがんがん!

ontheway2u's policy

tomo'policy

twitter ontheway2u

mr.dragons

ミスタードラゴンズは立浪くんよっ!

calendar

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

recent entries

右サイドメニュー

my favorite

大好き!立浪くん!

t.wada official

和田くんのブログ

special links

official website

drgons official website

baseball news

dragons news

ontheway2u city

sports news

wether report

access counter


search

blogranking,net

Share |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。