club dragons

立浪和義選手がいた、中日ドラゴンズを応援するために立ち上げました!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国記事と地獄記事。

ち・ちょとっ・・・・。
昨日の私の記事を読んでくれたか、
立浪くんのキャンプの調整具合がありました。
しかもさぁ、NHKとかも、15秒くらいでしたが、
立浪くんの特集(大げさ)だったのですよん。
浮かれ気分で、今日ネットで新聞記事を開くと・・・・。
中日井端弘和内野手(33)が12日、目の異常を訴え、北谷球場での練習を回避した。6日に続き、今キャンプ2度目。チーム方針のため、トレーナー陣は「話せません」と口をつぐんだが、関係者の話を総合すると、右目が腫れた状態だといい、キャンプを離れて掛かりつけの医師の診察を受ける予定だという。再検査の結果が思わしくなければ、長期離脱の可能性もあり、最悪、開幕出場も危ぶまれることになる。井端はこの日、近くの病院で検査を受けたが「明日? 分かりません」とだけ話した。(日刊スポーツより)
あぁ、いばちん・・・・。大丈夫か?

2度目だもんね、今キャンプ。
1度目のキャンプ離脱は練習を1日休んだだけで、8日の紅白戦に出場。本塁打を放つほどの回復ぶりだった。今回も、“同程度”ですめば大きな支障はきたさないだろう。しかし、仮にキャンプ離脱が長期化するようだと、遊撃から二塁へコンバートされる井端は十分な練習量をこなせず、その調整が遅れ、遊撃・荒木との「新・二遊間」などチームの戦力構想に大きな影響を及ぼしかねない。(中日スポーツより)
ねぇ。これらの記事見て、前回と同程度だと思えるかしら?
私にはとてもとても、思えないのよ。
野生のカン。
当たらないで欲しいです。
これはケガとかではなくて、病気の世界ですよね・・・・。
もう・・・・祈るしかないです。
河野アナの力があっても、これだけはどうしようも。
・・・・私も、目の手術、してるのよね。
20代で、白内障になってしまったのですが、
私の場合、ホントに何もなく、極めてずっと良好なのですが、
そりゃ、手術の時は怖かったし、目が見えなくなるときの、恐怖感って言ったら・・・・。
きっと、野球選手として、焦りとか、そんなものもあるでしょうし、
普通の人間として、怖さとかもあると思うしさ。
命に直接関係はないのかもしれないですが、
目が見えなくなるのかも・・・・みたいな不安がつきまとうと思う。
私とは、精神力も違うし、どうにか乗り切って欲しいのです・・・・。
ぶっちゃけ、開幕がどうのとか。
いばちんにとって、野球って命のようなものでしょうが、
とにかく!治療に専念してもらいたいな。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
微妙にテンション上がらないですが、
立浪くん!!!!
中日立浪和義内野手(39)が12日、ラストイヤー打法を披露した。兼任している打撃コーチとしてでなく、選手として北谷球場の屋内練習場に早出。右足の踏み出しをオーソドックスものから「2段ステップ」に変更して40分間打ち込んだ。全体練習でのフリー打撃でも快打を連発し、新フォームに手ごたえをつかんだ。現役最後のシーズンも理想の打撃を追求し続ける。
培ったものを守るより、新たな挑戦を選ぶ。立浪の早出特打には、明確な意志が込められていた。これまでは右足を上げてタイミングを取り、そのまま踏み込んでいた。この日は右足を左足側に小さく引きながらチョンと地面に触れ、そこからあらためて踏み込んだ。いわば2段ステップ。大きな打撃改造だ。途中で報道陣のテレビカメラやモニター画像で新しい打撃フォームをチェック。いける、と確信した。
(日刊スポーツより)
「2段ステップ」かぁ。何となくわかるわ。
これが、立浪くんが対戦するコトになるであろう、
速球派の投手陣に通用するのかどうなのかってコト。
もちろん、立浪くんがそうするって言ってるんだから、通用するのでしょう。
そこのところの私の信頼は、ブレがないです。
「去年の足の上げ方より今日のほうがいいと思った。前に突っ込まないし、ボールを呼び込んで自分のポイントに引きつけられる。その形にしなければミスが多くなるんで。昨日和田のベンちゃんに見てもらって今日の(フォームの)ほうがいいと言われた。1年間迷わないように。最後なんでね」(同)
立浪くんのコトバですが、口調とかも想像できるような。
中日スポーツは、こう締めくくってます。
「日々勉強ですよ。今年は相手になめられたくない。(立浪は打たないから)大丈夫だとは思われたくない。そのために準備していきたい」
今年で打撃コーチとの“2足のわらじ”が2年目だが、教えることも自分への好影響だという。
「相手に教えることで自分に言い聞かせることがある。やらなければいけないことが見えてくるんです」
思えばPL学園高時代も3年生になって下級生を教えて成長した。昔から冷静に自分を分析できるミスタードラゴンズの逆襲、ラストシーズンがいまから待ち遠しくなってきた。
(中日スポーツより)
これはね、私は大変に失礼な記事を書いたんだなって。
教えることが多くて、ホントに自身の練習は出来てるのかなっていう不安。
やっぱし、ムダだったのかなって。ごめんね、立浪くん。
いばちんのコトもあるし、また嵐が吹き荒れるのかな。
でも、まだ焦らずに・・・・。
まぁ、テレビで見るだけですが、ドラゴンズの若手選手は、
立浪くんのコト、「神です」って言うわ。
そりゃ、ね・・・・。
特に、ドラゴンズファンだったっていう選手にとっては、
もう絶対神みたいなもんでしょうね。
そんな若手に、教えるのも大変だと思いますが、
ケガなく・・・・そして、病気するコトなく、がんばってください!

*comment

comment_form

ontheway2u read only | secret comment can be contributed now

左サイドメニュー

a profile

メールくださいね。

author:ontheway2u

立浪くんが引退し、かなり熱も冷めましたが、
すこしずつ上がってきています。
「W杯イヤー」でもありますし、他スポーツもがんがん!

ontheway2u's policy

tomo'policy

twitter ontheway2u

mr.dragons

ミスタードラゴンズは立浪くんよっ!

calendar

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

recent entries

右サイドメニュー

my favorite

大好き!立浪くん!

t.wada official

和田くんのブログ

special links

official website

drgons official website

baseball news

dragons news

ontheway2u city

sports news

wether report

access counter


search

blogranking,net

Share |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。