club dragons

立浪和義選手がいた、中日ドラゴンズを応援するために立ち上げました!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スポーツの記事って・・・・。

ドコまで信頼できるのでしょうか?
私は九州にいるから、「九スポ」って読んでます。
でも、買ったことはないです。あれは私は・・・・。
で、今回ドラゴンズの2軍の選手が、謹慎になったって事件。
ご存知でしょうか?
それに関して、元ドラゴンズの投手、落合さんが、
ブログに書いています。
まず、これを読んでみてください。

落合英二ブログ「言葉の重み」
URL・・・・http://sports.alphapoint.co.jp/

一部をコピペは、しないで欲しいとのコトなので、
さすがに全文を載せるのもどうかと思ったので、
今回はリンクを貼りました。

そして、私ははっきりと名前も出しますが。


どこまで信頼していいのか、ホントにわからないですが。

その事件が起こったのは23日のウエスタン・リーグ、中日対ソフトバンク戦(ナゴヤ球場)だった。
関係者によると、4回裏無死満塁のチャンスで三振に倒れて、ベンチに戻ってきた堂上剛裕外野手(22)を高柳秀樹二軍打撃コーチ(51)が激しく叱責。「死ね!」との言葉もあったことで大騒動となったという。
その時、ベンチにいた森岡良介内野手(23)が「ボクらだって一生懸命にやっているんですよ。 それを選手に向かって“死ね!”なんてひどくないですか!」と声を荒げ、高柳コーチは「何だと!それが目上に対して言うことか!」 。
一塁ベンチ前で、にらみ合う2人をナインが慌てて引き離し、 最悪の事態こそ免れたものの、 ファンの目の前で繰り広げられた“内乱劇”にグラウンドもスタンドも凍りついたそうだ。
一夜明けた24日、辻発彦二軍監督(49)は練習前に二軍ナインを集めて「社会人として暴言を吐くことはあってはならないこと。これが会社ならクビだ。上司に逆らうようなことは何があっても許されない」と訓示し、併せて森岡に対して練習参加も許されない1週間の謹慎処分を科したことを伝えた。
話は一軍にも広まっており、この処分について「高柳コーチは口が悪くて、これまでも選手を傷つけるようなことをたびたび言ってきた。そういったことの積み重ねが今回の出来事を引き起こした」 とか「確かに、辻監督の言うことももっともだけど“死ね!”と暴言を吐いたのは高柳コーチの方。森岡だけが処分されるのは腑に落ちない」などの声が飛び交っている。(東京スポーツより)

ドラゴンズのファームのブログも、
この事件のコメントであふれかえっています。

私は、このコト、書こうかどうか、かなり迷ったのですが、
私のブログですし、そんなね、影響もないでしょうし。
ただ、その言葉って言うのはやはり重いものだと・・・・。
こんな暴言満載のブログを書いてて、何にも言う資格はないのですが、
少なくとも、ヒトに向かって、「死ね」なんて、言ったことはないな。
あー、けんかしたときはあるのかなぁ・・・・。
ブログでは、書いたコトありますね。
でも、少しですが、いくらブログでも悪いなと思って、
それからは「死ね」はないと思います。
とにかく、ドコで線を引くかって言うのが、非常に難しい問題です。

私は、もし「死ね」ってホントに言ったのなら、高柳っていうコーチは、
コーチ失格ですね。
選手は一生懸命やってるんだって。
でさ、満塁で、たしか見逃しだと思うんですが、
三振に倒れて、どんだけ悔しい思いでベンチに帰ることか。
そりゃ、怒られたって仕方ないわよ、打てなかったんだから。
こうなると、鉄拳制裁はどうだんだ?とかってなると、話が長くなるから。
でもさ、そんな悔しい思いで帰ってきた選手に、
いきなり怒鳴りつけたって、絶対に効き目はないわよ。
コーチも一生懸命だろうから、悔しかったのでしょう。
でも、それでそんな言葉を許すんだったら、
何をしてもいいのか?って私なら思っちゃうわ。

で、森岡。これが、この新聞を私は信じてないのですが、
ベンチにいた森岡良介内野手(23)が「ボクらだって一生懸命にやっているんですよ。 それを選手に向かって“死ね!”なんてひどくないですか!」と声を荒げ、高柳コーチは「何だと!それが目上に対して言うことか!」
っていうくだり。
森岡が言ったコトバが、こうだとはとても思えないんだ。
仮定論で話してたら、キリがなくなるのですが、
もし、このコトバを、試合後に、コーチにいいに言ったら、どうなったんだろ。
もちろん試合中でみんなテンション上がってて、
その中で起こった事件なのですが・・・・。
とにかく、処分を受けるのは事実ですし、
森岡も感情的にやっぱし、何かを言ったんだろうから、
(何か=私としては、もっとひどいコトバだと感じている)
何もなかったように、元に戻るよりも、いいと思います。
森岡にはしっかりとがんばってもらいたいものです。

で、今度は「社会人として暴言を吐くことはあってはならないこと。これが会社ならクビだ。上司に逆らうようなことは何があっても許されない」っていうの。
これにも納得できないですね。
会社ならクビなのでしょうか?上司から「死ね」って言われて、
言い返したら、クビ?
プロ野球界ならそうかもしれないですが、
会社もクビに出来るかもしれないですが、私だったら、訴えるわ。
パワーハラスメントでしょ?こんなの。

とにかく。
1番大事なトコロは、高柳ってコーチが、
「死ね」ってホントに言ったのかどうかなのですが。

私としては、親会社が新聞社なのに、こんなコト、
他紙から勝手に書かれて、平気なのかなって思っちゃう。
中日新聞社から、ちゃんとしたコメントなり、記事なり、欲しいな。
もし、どなたか知っていたら、教えて下さい。

最後に。森岡。
甲子園の時、たしか、優勝決まる前に泣いちゃったヒトですよね。
私としても、ホントにそんなコト言う選手には見えないって言うのが、
本音なのですが・・・・。(落合氏の記事、読んでくれました?)
どんなコトを言ったのか、本人しか、わからないのでしょうケド、
決まった処分には従うしかないです・・・・。
立浪くんの後継者として期待されてるんだからねっ!
しっかり、がんばって、早く1軍に上がってきてください。
私は、今回の騒動で、あなたを応援するキモチは強くなりました。
これは、偽らざる気持ちです。
ふぁいっ!森岡!

*comment

難しい問題だね 

コーチも見込みのない選手には叱りもしないでしょう。
起用しなければ済むこと。叱られるうちが花と言いますね。
堂上兄は見込みがあるからこそ厳しく言ってしまったのでしょう。「死ね」という言葉は行き過ぎですが、それだけ期待していたということ。

そこに割り込んで来た森岡には問題があります。仲良しクラブではなく、プロ野球界はサバイバル。
選手の保有数に限りがあるため、何人かはオフに首を切られる運命。
自然とコーチも厳しくなるのは当然なこと。森岡が口を挟む問題ではないと思います。
金の卵を預かる2軍のコーチも一人前の選手にしようと必死なんです。森岡もプロとしてお金をもらっている以上は甘い考えは見直すべきでしょう。
  • posted by ひとり 
  • URL 
  • 2008.04/30 14:27 
  • [edit]

RE:ですよね。 

ひとりさん・・・・絵文字が入らん。

コメントありがとうございます!
だから、謹慎処分になったんだと。
きっと私は、考え方が甘いんだと思います。正直なキモチとして、
森岡が悪いのはわかりますが、私はコーチが許せない。
もちろん「死ね」ってホントに言ったのなら、ですが。
暴力も絶対にいけないんですが、
「ばかやろー!」って、殴られてたら、どうなったのかなとか、
そっちの方が、こんな問題にならなかったんじゃないかと思ったりもします。
ホントに難しい問題ですよね。
ドラゴンズ内でこんなコトがあったって、残念です。

comment_form

ontheway2u read only | secret comment can be contributed now

左サイドメニュー

a profile

メールくださいね。

author:ontheway2u

立浪くんが引退し、かなり熱も冷めましたが、
すこしずつ上がってきています。
「W杯イヤー」でもありますし、他スポーツもがんがん!

ontheway2u's policy

tomo'policy

twitter ontheway2u

mr.dragons

ミスタードラゴンズは立浪くんよっ!

calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

recent entries

右サイドメニュー

my favorite

大好き!立浪くん!

t.wada official

和田くんのブログ

special links

official website

drgons official website

baseball news

dragons news

ontheway2u city

sports news

wether report

access counter


search

blogranking,net

Share |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。